子供達との陸上・駅伝ブログ

RungraC

太らないなら走らない

出雲駅伝2021、2022比較

出雲駅伝2021

出雲駅伝2021

出雲駅伝2022年が終了後に、レース比較をまとめます。

・2021年の出雲駅伝に出場し、2022年も出場された選手

区間ごとのタイム比較

・シューズ比率など

・速報などツイートまとめ

 

目次

 

 

過去10大会の優勝記録と区間最高記録

第23回/東洋大学/2:10:43


第24回/青山学院大学/2:09:41


第25回/駒澤大学/2:09:11


第26回/荒天により中止/


第27回/青山学院大学/2:09:05

※第27回から距離が400m短縮されたこともありますが、本記録が出雲駅伝過去最高記録


第28回/青山学院大学/2:10:09

※5区最高記録

選手名/安藤悠哉

大学名/青山学院大学

記録/17:43


第29回/東海大学/2:11:59

※2区最高記録

選手名/田村和希

大学名/青山学院大学

記録/15:47


第30回/青山学院大学/2:11:58


第31回/國學院大學/2:09:58

※3区最高記録

選手名/相澤晃

大学名/東洋大学

記録/23:46

 

※4区最高記録

選手名/神林勇

大学名/青山学院大学

記録/17:24


第32回/コロナにより中止/


第33回/東京国際大学/2:12:10

イェゴンヴィンセント選手が恐ろしく速い!というイメージがありますが、速いのは勿論で、6区にて区間1位(29:21)だったわけですが、東京国際大学は3区の時点でトップであった事も注目したい(各区間順位は1区3位→2区4位→3区2位→4区5位→5区3位→6区1位)。4区の森田選手以外は今年も在学中ですので、どういう展開になるか非常に楽しみ。

東京国際のポイントは、第33回出雲駅伝で1年生ながらに2区を任された佐藤榛紀選手の成長、そして4区森田選手に代わるメンバーの存在。

 

▼佐藤榛紀選手"期待のルーキー特集"

www.joqr.co.jp


 

2022年出雲駅伝予想

神野大地選手のツイートより

 

1位中央大学

2位駒澤大学

3位青山学院大学

4位東京国際大学

5位國學院大學

6位東洋大学

7位順天堂大学

8位創価大学

 


 

 

出雲駅伝2021、出場20チーム

1.札幌学院大学

 

2.北海道大学

 

3.東北学連選抜

 

4.駒澤大学

 

5.創価大学

 

6.東洋大学

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 東洋大学陸上競技部(長距離部門) (@toyo.tu)

www.instagram.com

 

※東洋の5区、4人抜きをやってのけた石田洸介選手(福岡県出身)の走りは圧巻でしたね!

 

 

7.青山学院大学

 

8.東海大学

9.早稲田大学

10.順天堂大学

11.帝京大学

12.國學院大學

13.東京国際大学

14.北信越学連選抜

15.皇學館大學

16.立命館大学

17.関西学院大学

18.大阪経済大学

19.広島経済大学

20.九州学連代表

 

 

ゲスト紹介

柏原竜二さん

言わずと知れた2代目山の神。福島県浜通りのご出身、東洋大学卒業をご卒業後は富士通でご活躍。

 

東洋大学時代の映像

youtu.be

 

当時よりは、ランニングというものが少し分かってきたので、映像を見ると改めて走り方の素晴らしさが分かります。テレビで見ていると、小さい方かな?と思ってましたが、174cmあるようです。体重はなんと55kg!

 

 

富士通時代の映像

www.youtube.com

 

学生時代から、想像を絶するプレッシャーとストレスだっただろうと思います。本当にご苦労様でした。10月10日は解説を楽しみにしています。

 

神野大地さん

こちらも言わずと知れた3代目山の神(そいういや4代目山の神って出てこないね)。愛知県津島市ご出身、青山学院大学でご活躍後、コミカミノルタ→セルソース→プロランナー(2021年現在)としてご活躍中。

 

お洒落ランナーのイメージもあります。元AKBの前田敦子さんが大好きと公言されていて、一緒に撮影された写真がニュースになってましたね。くっそ羨ましいぜ!

 

www.excite.co.jp

 

 

西村奈那子さん

NGT48所属で駅伝アイドルだそうです。先ほどの前田敦子さんの話ではありませんが、筆者はモー娘。世代なので、AKBだって前田敦子さんをギリ知ってるぐらい。せっかくですので、ヤホーで検索してみました。

 

▽西村奈那子さんTwitter

 

 

▽月陸でのコラム

www.rikujyokyogi.co.jp

 

 

そう言えばコラム読んだことあるかも!おじさん坂道グループに疎くてごめんなさいね。中学1年の頃から駅伝を観戦されてるようなので、ガチ勢認定!ランナーではない独自視点の解説が楽しみですね。ってか坂道グループに応援されたら男は頑張れるよね。男だろ!

 

男だろと言えば大八木監督

youtu.be

 

 

 

予想

我が家には駒沢大学を応援せねばいけない理由がありますので、予想というか、駒沢大学が勝ってくれると嬉しいなというところです。もちろん、青学、東洋なども目が離せませんが、昨年の箱根を見ている限りでは創価も強そうです。

 

天気は全国的に晴れ予報ですので、脱水症状に気をつけて頑張ってもらいたいですね。

 

10月9日(土)のエントリーが楽しみです!

 

 

 

さて、出雲駅伝終了後の主だった駅伝大会は

全日本大学駅伝があります。

いよいよシーズンになったという感じがしますね。

 

12月30日開催の

日本大学女子選抜駅伝まで

コロナの影響なく開催されてほしいと願うばかり。

 

 

今年も100日切ってます。

駅伝をみていたら

あっという間に終わりそうですね。

 

 

区間順位的には

 

 

という感じですが

 

総合順位でみると

3区の丹所健さんの位置で1位になっています。

 

 

 

出雲駅伝2021区間新記録

出雲駅で2021の区間新記録から考察すると

出雲駅伝2021区間新記録

出雲駅伝2021区間新記録

 

7位までのチームでバラけていて、1強とは言えない時代と言えます。みんな頑張ってますもんね!

 

駒澤大学区間賞はいいませんが、アンカーの田澤廉さんが、東京国際大学のビンセント選手につぐ2位なので、日本人の中では1位であります。とてもカッコイイレース展開をされていました。

 

 

トラックとロードが違うと言われる所以

出雲駅伝後、駒沢大学の大八木監督が「トラックのタイムだけでは分からないのが駅伝」と言っておられました。私も子供が陸上で3000mなどを走るようになり、トラックとロードって違うよな?と気づき始めたところだったので、凄く納得した言葉でした。

 

レース展開による差が出るのは勿論、反発や勾配がトラックとロードではまるで異なるようです。深いぜ!陸上!!

 

 

次に開催される駅伝は?

駅伝とは少しことなりますが、第98回箱根駅伝の予選会が10月23日に開催されます。

www.yomiuri.co.jp

 

上位10位までに入るチームはどこだ!?

 

2022年出雲駅伝は10月10日開催

結果が楽しみです。