子供達との陸上・駅伝ブログ

RungraC

太らないなら走らない

プロセスエコノミーを読んで起業・イベント企画を再考

20歳から20年以上、おちぶれても経営者をしているので、経営や企業、イベント企画について書いてみようと思います。楽しんでいただければ幸いです。

 

おかげさまで20年以上パン屋を経営

おかげさまで20年以上パン屋を経営

 

筆者ご紹介

先代の急死により20歳でバンドマンからパンの道へ。取引先との契約で修業期間はわずか5カ月(その後も時間を作って修行を重ねる)。仕事が少なかったのでパソコン教室も運営。23歳でバー+音楽スタジオを開業。その後、イベンターなども経験し現在にいたる。現在は生死を彷徨う事故を経験し働き方改革まっただなか。詳細はtwitterからどぞ。

 

 

目次

 

まず、どのような事を書けば、役に立てるかなーと検索してみると「起業したいけどアイディアが浮かばない」というワードがヒットします。これには驚かされました。普通は、アイディアがあるから起業したいんじゃないの?順序逆じゃね?と。

 

これは要するに、とりま就職はしたくないという意味なのでしょうか?言わせていただくと、就職って企業に守られてますし、めちゃくちゃ楽ですよ。仕事がない時間帯も給与が発生しますし、大掃除をしていても給与が出ます。有給もボーナスもあります。

 

ただ、パワハラや面倒な人付き合いなどが嫌で、心がすり減ってしまうという方もいらっしゃるでしょう。分かります。そういった方は、確かに起業されるほうが幸せな時間を過ごすことが出来るかもしれません。

 

 

 

お題「我が家の本棚」

一生懸命考えても効果がでないどころか

頑張って間違った事をしてしまっている・・

 

そんな悲惨な状況にならないために

マジで読んでおいた方がいいです。

 

f:id:k-nazato:20210730132644j:plain

著者:尾原和啓

 

2021年7月28日発売にも関わらず

発売前から予約殺到で大重版!

プロセスエコノミーを地で行く

尾原和啓さんのプロセスエコノミー(あなたの物語が価値になる)

さっそく読んでみました。

 

こんな人にオススメ

全起業家、経営者、っていうか、全ビジネスマン

 

ビジネススタイルは人それぞれですが

マーケティングという括りでは

同じ時代を歩んでいます。 

 

多くのビジネス書のように

テクニックが記載されたものではなく

もっと根底の部分である

”考え方や感覚”についての内容ではありますが

新しい時代に入ったと考えさせられる

新鮮なビジネス書です。

 

とはいえ、何か特別目新しい事をするわけではなく

「以前からあったものの価値に気づこう」という話でもあります。

 

▽超スピード読了直後のツイート

 

楽天市場で購入

プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる [ 尾原和啓 ]

価格:1,650円
(2021/7/30 14:04時点)
感想(0件)

 ▽Amazonで購入

 

 

目次

面白いと思ったら即購入 

まだピントこない方のために

僕がこの本に出会ったきっかけについてお話します。

 

わたくし、ブログと同じように

twitter運用にも注力していまして

たまに面白いインフルエンサーを探しているんですが

 

あるとき”まなぶ”さんに紹介されていた

箕輪厚介さんという方を知りました。

 

※まなぶさんをご存じない方のために

manablog.org

 

 

どうやら"サウナバカ"(誉め言葉)のようで

面白そうな企画をされてる方なんです。

 

▽箕輪厚介さんのtwitter

twitter.com

 

ご覧になりました?^^

わざわざツイッター開くの面倒とか思われた方のために

ちらっとツイート貼らせていただきます。

 

 

どうですか?

このツイートをご覧になって

「何これ?素敵」と思われた方は

即買いで間違いありません。

 

 

 

箕輪厚介さんは幻冬舎の編集者で日本のチェ・ホンマンとのニックネームがあるようです。確かに似てなくはないですが、箕輪さんの方が男前ですね。チェ、ごめん!

 

僕も最初は「誰?」って感じでしたが

 

イケハヤさん、堀江さん(ホリエモン)、鈴木おさむさんなど、そうそうたるメンツを担当されているのを知って、一気に興味がわきました。

 

有名な方、有名な本ばかりですからね。

 

▽イケダハヤトさん「まだ東京で消耗してるの?」

まだ東京で消耗してるの? 環境を変えるだけで人生はうまくいく (幻冬舎新書) [ イケダハヤト ]

価格:880円
(2021/7/30 15:44時点)
感想(0件)

 

帯も豪華な推薦人

山口周さん

 

けんすう(古川健介)さん

 

楠木建さん

 

 

サブタイトル”あなたの物語が価値になる”に注目してみた

本当ですか?と聞きたくなるようなサブタイトルだ。

上手いことやられてしまったw

 

自分の人生に価値があれば嬉しいが

本書は僕たちの人生を肯定してくれる

スピリチュアルな内容ではない。

 

結論からいうなら

僕らの物語を価値にしないと

商品は売れませんよという事です。

 

「物語で差別化をしようね 」と。

そういう話なわけです。

 

えぇ、私も職人あがり

おっしゃりたい事は分かります。

 

いい物を作れば売れると。

 

確かに、任天堂スイッチやプリウスなど

良い商品は確かに売れています。

しかしそれは、莫大な資金がある大手の話。

 

そして、その大手でさえ

売り方、魅せ方、ストーリーには

細心の注意を払っています。

 

低賃金で外国人を働かせたり

地球環境を破壊して出来る商品(会社)は

必要とされにくくなりました。

 

個人が企業を選ぶ時代になったのです。 

 

 

「役に立つ」より「意味がある」

第一章の三幕に”役に立つより、意味がある”とあります。

簡単にまとめると

役に立つものは1種類でよく

価格競争になりやすく

意味があるものは

希少価値が生まれやすい

という話です。

 

 

少し引用させて頂くと

 

第2のプリウスは不要で

価格競争になるけど

ランボルギーニは乗りにくい車なのに

意味があって高くても売れる。

 

そんなお話です。

 

ただのパンなら

ヤマザキコストコでいいわけです。

 

自分は製造業者でもあるのですが

行政のブラッシュアップ事業に何度か参加した事があります。

 

綺麗なデザインで首都圏に並んでも違和感のない

商品に仕上げてもらいましたが

これからは、それだけでは選んでもらえなくなったわけです。

 

こうなってくると

逆に田舎の事業所の方が

物語があるのではないでしょうか?

 

箕輪さんのことは、SNSでサウナを検索していたらピコンと表示されました。サウナランドのサイトを見て、とにかく面白そうな事をしているなーというのが第一印象。簡単ではないと思いますが、自分が好きなことで飯を食ってる人って輝いて見えます。

 

「箕輪さんだから」という声もあるでしょうけど、逆に好きな事で生きてくって、僕らでは不可能な事なのでしょうか?そう結論づけてしまうのは、あまりに寂しい、夢がないと思いませんか?

 

ナザトは東日本大震災を機に一念発起した際は、mixiだけでバンドを募集し、大阪の割かし大きなライブハウスを借り切ってイベントを行いました(イベント名:歌舞伎SONIC)。このイベントにプラスαのアイディアをつけて継続すべきだったと今は反省しています。

 

楽しい音楽イベントとは

有名なアーティストが参加するフェスなどが楽しいイベントの代表格ですが、フェスも屋外という開放的な空間で楽しむという事が付加価値の1つになっていると思います。しかし、普通は有名なアーティストなど呼べるハズがありません。

 

過去に、京都の小さな店舗が次々と有名なバンドのメンバーソロライブを企画されていたので、ご連絡させてもらったことがあったのですが、コネありと言われ納得し諦めることに。

 

とはいえ、むぎわら帽子(当店)も、有名なアーティストさんが何組か、継続して来てくれました(六文銭さんなど)。

 

最も企画しやすいのは、地元アーティストが参加するイベントですが、デメリットは、音楽に関心のない人には響きません。ナザトが暮らす街は人口1万ですので、音楽に関心のある人、プレーヤーの数は多くありません。となると、毎回イツメンになり、マンネリ化します。身内ノリに見えているかもしれません。

 

ターゲッティングという意味では身内ノリでいいのかもしれませんが、空気の入れ替えはしたいところ。

 

音楽という括りでイベント企画するのであれば、まずはライブが思いつきます。それからジャンルの選定でターゲッティングも変わります。逆に、クラブのようなイメージでBGMとして音を楽しんでもらうというパターンもあります。その場合は、音楽がサブになるので、メインとなる何かが必要です。ご飯なのか、写真展なのか、雑貨や古着などを販売するフリマなのか。

 

風通しをよくするという意味では、誰しもが入りやすいイベントにする必要があると思っています。しかし、ただ楽しいイベントというのも、毎週どこかで開催していたりしますので、それこそ音楽イベントなんかは夏の時期やクリスマスシーズンになれば必ずバッティングし、お客の取り合いになっています。

 

ですからナザト的には、シンプルに楽しいイベントもアリですが、行く意味のあるイベントというのを考えています。詳しくはいえませんがw

 

コロナ禍で簡単ではありませんが、現在それらを実行すべく事業計画書を書いているところです。2022年1月中には高浜町商工会に提出できる予定ですので、うまいこと補助金が出たら、また色々と考えていきたいと思います。

 

楽しいイベント案

ミュージシャン主体

・セッション

課題:一見さんが入りづらい、アーティスト不足

 

・課題曲レコーディング体験

 

お客様主体

・飲み放題

・占い

・整体

・簡易カット

・ネイル

・BBQ

・サウナ

・ストレッチ

・相談、セラピー系

・試食会

・メイク

・撮影

 

あー・・、断然こっちかも。

 

 

が、しかし、意味があるものにしたい。

 

コロナ禍でイベント開催は逆境に

誰にもコロナ混乱の着地点を見る事は出来ません。各々の価値観で行動している状態なので、少なからず、コロナがなかった頃と比較して客入りは見込めません。なので、イベントを開催するなら屋外、またはライブ配信・動画配信が吉という解がでております。

 

では、まずは音楽ライブをライブ配信・動画配信する場合、

 

 

色々とリライトしてます。

 

その後は店舗2階にてMugiwaLiveを10回企画、地元BARでもイベントを企画しました。これでは上記の歌舞伎SONICと同じで、ただの音楽イベントなんですよね。

 

ここに、話題性や流行性のあるもの(このブログ内のことで例えるならサウナ)を合わせると、面白いイベントとして継続出来たのかもしれません。

 

もちろん、コンセプトやターゲッティングは重要です。ナザトのMugiwaLiveは音楽好き、地元のミュージシャンだけをターゲットにしたことで、集客が限定的になってしまったのかもしれません。

 

地元の特産品を景品にしたり、行政の企画するような事を個人で出来たと自負していたのですが、ちょっと継続が難しかった。

 

例えば、ハマセ酒店の和笑や高浜のビールをドリンクメニューとして用意したり、チケット代に盛り込んだり、他にも色んなアイディアがあったかも。

 

また面白い経営にチャレンジしたい。また面白い起業家、イベントがあれば勝手にご紹介させていただきます。