生死を彷徨う事故から復活し、ランニング生活をスタートさせた40代ブロガー

BlograC

走れるだけ走ろう。足跡は生きた証。

【忖度なし】ツイッターはオワコンじゃなかった!約5700文字の1ヶ月ガチ運営無料レポート

ツイッターよりインスタだろ?」というアナタ、半分正解で半分間違いです。なぜなら、発信する情報、届ける相手によってSNSは使い分けるべきだからです。

 

「でも、ツイッターってオワコンって聞くぜ?」って方、わたくし、1ヶ月どっぷりツイッター界で修行してきましたが、全くそんな事はないと断言できます!むしろ超アクティブ!

 

そしてそして、このブログの何が魅力的かって、忖度無しで書いていることです。「は?」って方は、もう少し読んで(笑)

 

簡単な話、あまりにインフルエンサーを推してるツイートやブログは、身内か信者、つまり、インフルエンサーが運営するオンラインサロンなどのメンバーである可能性が高く(100%そうだと言ってもいいでしょう)、投稿の内容を鵜呑みにするのは危険です。

 

まだ誰のモノでもない(井森美幸か)僕が、あくまで僕視点ではありますが、公平に、そして忖度無しで、ツイッターを1ヶ月ガチったレポートを報告します。

 

今回の記事は
こんな方にオススメ

ツイッター運用を検討している

ツイッターのフォロワーが増えない

・おすすめのインフルエンサーを知りたい

・オンラインサロンの効果は?

・1ヶ月先のリアルな声 

ツイッターで収入は増やせるの?

 

 

記事の信頼性

元々フォロワー数1000程度のアカウントを10年間運営、ビジネス運用の可能性を探るため新たにアカウントを取得し、1ヶ月運用したインフルエンサーに忖度のない、生のレポートをお届け。

本ブログでリンクを貼っているツイッターアカウントの他に数個のアカウントを取得し、ツイート効果、フォロー率などを比較研究している。

 

筆者紹介 

 

 

目次

 

初心者向けプロフィールの作り方

これはねー、非常に悩ましいところです。まずプロフを書く前にアカウントの方向性を決める必要性があるからです。 

 

簡単にご説明すると

  • ガチでいく
  • ラフでいく

まず、このどちらかを選ぶ必要があります。

 

 

更に詳しく書くとこうです。

ガチの場合

例)ツイッター開始1ヶ月でフォロワー1000人突破、ブログの月間アクセスは10万PVで収益化に成功!詳しくはプロフ、固ツイから!

 

みたいなね(笑)

よくあるやつです。

 

いや「それは実績があるからだろ?」と思われたアナタ、そうではありません。実績がなくても、リアルでの仕事の実績を記載している方も沢山いらっしゃいます。

 

例)年商1.5兆円企業の取締り、爆速出世した僕がFIREするためにブログ・・以下省略。

 

えぇ、2021年の季語はFIRE(簡潔にいうなら早期退職の意味)です。とくに若者に多い印象。

 

 

では、ユルくいく場合はというと

・固い言葉は使わない

・プロフ画像はイラスト

・小笑がある場合も

 

例)勤務(または経営)していた会社が倒産、Youtubeやインスタに挑戦するも失敗。一番手間に感じていたブログは半年粘って収益化。初月収入5桁・・

 

とか

 

例2)在宅デザイナー2児のワーママ(または介護しつつ・・みたいな)、子育てしつつSNSにフルコミットしたら、経歴真っ白だけどフリーランスで食えるように・・

 

まぁ、こんな感じのやつです。

 

単純に、会社にバレずに副業したいという方も多数。理由は人それぞれですが、納税だけはしっかりしましょう!フリーランスのための確定申告などの情報も、かなり有効なコンテンツにあること間違いなし!

 

 

はい

ここで、実際にツイッターをガチった僕の、決して本やnote、SNSにも載ってない情報ですが、ぶっちゃけ、フォロワーが増えやすいのは”ユルい方”です。こんだけ適当でいいの?ってぐらいユルくてOK。

 

言い切れる理由がコチラ

肩の力を抜きまくったツイッターアカウント運営

肩の力を抜きまくったツイッターアカウント運営

 

えぇ、ヘッダーも設定せず、プロフ画像はフリー素材から拝借。一応、デザインを考えて反転はさせました(ネズミが外を向いていたら変)。

 

で、何が楽しいって、投稿する前から”どんどんフォロー”されていくんですw。このプロフですよ?不思議でたまりませんでした。

 

なので呟いてみました。

初投稿です。

 

 

この投稿で

いいね238(笑)

 

真面目にツイートを考えるのが嫌になりました。元来SNSは楽しむ場所ですから、お祭り的な雰囲気がある方が反応があがります。最近ですと、東京オリンピックでの入場曲で”FFのヒロインのようだと話題になった、陸上女子三段跳びロンドンオリンピック金メダリストのオルガ・リパコワ選手(カザフスタン)”が良い例。まぁあれは盛り上がりますよね。ガチで綺麗だった。いまだにネットでは「五輪史上最高」「美しすぎる」「妖精ですか?」と盛り上がっています。美しさもさることながら、2児の母、36歳で現役、ヤバすぎる。

 

すんません!話が脱線しました。

 

 

衝撃!ツイートするだけではフォロワーは増えない

驚きですよね。どんなに有益な情報を発信していてもフォロワーは増えないのです。アナタが超有名人でしたら「おはよ」とツイートしただけでもフォロワーが集まるでしょう。

すでにtwitter界では有益な情報が飽和状態であり、ただ有益な情報を発信しただけではフォローされないのです。

 

まず第一に大切だと言われているのがプロフィール。常に改善していく感じですので、とにかく書いて更新を繰り返しましょう。最も効果的な手法は数字を入れることです。

 

例え

・1週間で500人にフォロー

・延べ1000人に教えたノウハウ

・満足度98%の商品

etc

 

嘘はいけませんが、出来る限りインパクトがある数字が好ましいです。

 

 

自分からフォローして、リプ(コメント)するのも有効な手段です。twitterは果報性の法則が目立つSNSです。自分がしてほしいことをどんどん先にしてあげましょう。最低でも、自分のしてほしい事の3倍を与えてテイクを期待するぐらいの気持ちで臨むといいと思います。GIVE GIVE GIVE!与えて与えて与えまくりましょう。

 

 

ツイッター本格運営から2週間目

今週はフォロワーさんが50ちょい増え、総フォロワー数は190ちょいを推移しています。交流量に比例してフォロワーさんが増えています。

 

 

 

色々とつぶやいてますが

1000人フォロー垢を消してまで

作り直したアカで

新たなビジネスをやってます。

 

という告知。

 

このブログも

ビジネスに興味のない方は

全く無意味な内容になりますので

 

むぎわら帽子や、その中の人に関心をもっていただいてる場合は

下記のアカウントをご覧ください。

 

twitter.com

 

 

しばらくは、ランの事なども

カテゴリ分けの関係で呟くかもしれませんが

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

Twitterを1ヶ月ガチ運営してみた結果

はい、コチラが1ヶ月運営したツイッターアカウントです。

 

フォロワー数は250まで伸びてくれました。

ツイッター内には凄い人が沢山いるので、感覚が麻痺しているせいか、250ぐらいでは”意外と少ないな”というのが正直な感想ですが、先ほどもご紹介させて頂いた、鬼努力ブロガーアフィラさんの書籍”Twitter(ツイッター)集客のツボ98”の52ページ1ヶ月目の結果をどう分析すればいい?”によると、フォロワー増加数は200が目安と記載されてますので、悲観する数字ではないと、むしろ褒めてあげたいと思いました。

 

ぶっちゃけ、アフィラさんも1カ月目はフォロワー数500とか書きたかったと思いますが、書籍を購入した方が達成出来そうな数字を書かれたのでは?なんて、経営者感覚としては勘ぐってしまいます。←素直じゃないだけ。

 

実際、そこそこの時間を費やしましたよ。最初の1週間は1日1ツイートでOKとのことでしたが、前垢を10年運営していた(フォロワー1000強)ので、出来る限りツイートしました。

 

当然ですが「今日のランチはコレ」みたいな、どうでもいい情報はツイートしていません。可能な限り140文字ギリギリを活用して有益な情報の発信を心がけました。

 

 

最初にフォローすべき人

基本は自分から積極的にフォローです。アフィラさんも書籍で「まずは50人フォローすること」と書いておられます。経験談ですが、ココがかなり重要!フォローの選定を間違うと伸び悩みます。

インフルエンサー(1万人以上のフォロワー)は10人フォローする事を推奨されてますが、最初の1ヶ月は多くて5人で充分っす。

 

 

 

はい、ツイートでも言うてますが、ツイッターの成功法って1つじゃないので、あまり沢山のインフルエンサーをフォローしてしまうと混乱してしまうんですよね。

 

僕も沢山フォローして、沢山のウェビナーを受け、書籍も購入してインプットしまくりましたが、知れば知るほど「成功法って沢山あるな」と。

 

 

「ほな1人に絞ったらええやんけ!」というのも危険。そのインフルエンサーは本当に正しいのか、自分に合っているのか、他にもっと合ってる手法はないのか、比較対象を調べる視野はもっておくべき。

 

 

 

インフルエンサーは”お金や時間の余裕”を謳ってますが、何人かのインフルエンサーをフォローして、ツイートの本質、またはコメントを見ると、誰の批判をしているか分かってきます。

 

余裕そうな発信をしつつも牽制してたり煽ってたり、それに気が付いたときは萎えましたねー。その品格のなさにビジネスの薄っぺらさを感じてしまいました。怪しまれたり、リアル社会でのビジネスと線引きされるのは、こういったところからなんですよね。文化が違うと言えばそれまでですが、同じ有益な情報なら人格者から受け取りたいし、気持ちよく学びたいのは僕だけではないはず。

 

前置きが長くなりましたが、フォローすべきインフルエンサーの紹介に移ります。

  1. アフィラさん
  2. いれぶんさん
  3. クロネコさん
  4. おでんさん
  5. まなぶさん

随時リライト追加更新いたします。