子供達との陸上・駅伝ブログ

RungraC

太らないなら走らない

高浜町こんぺい橋

先日も投稿した子生川。

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by なざと (@i_am_7310)

 

 

少し川の色が落ち着きました。

 

 

f:id:k-nazato:20210525203152j:image

 

 

画像、真ん中あたりに見える小さな橋が”こんぺい橋”。今日、子供達が校外学習で訪れたようです。その昔は”いろは橋”とも呼ばれていたようです。

 

 

我が家は高浜町の西にあるので、日常で子供が通る事はほぼないこともあり、実は前日に車で見に行きました(全く場所がイメージできていなかったようなので)。そうそう、5月29日は高浜町内を聖火ランナーが走る日なので、こんぺい橋からは良い感じで見ることができそうですね。

 

 

話を戻します。

 

 

僕が子供の頃は、学校から帰って遊びにいくと、そこそこの大人が町中にいました。当時はサニーマートもなく、中町にあったタカダで買い物をする人が多かったですからね(むぎわら帽子も当時は中町でお店を構えていました)。人流の導線があったのです。

 

▽中町通にあった頃の”むぎわら帽子”

photos.app.goo.gl

 

 

さらに遡れば国道だったわけです。漁師さんも沢山いて、町中は昼間から活気があったのではないかと想像できます。なんかいいよな。

 

 

子供達がどのような話を聞いてきたか、寝る前にでも聞いてみます。