生死を彷徨う事故や病気から復活。人生を見つめ直す40代男性のブログ。

PhotograC (フォト暮らし)

40代男性の趣味ブログ(カメラ・ランニング・etc)

ご報告

「まさか、新しいシューズを購入した翌日に・・」

 

mugiwara-boshi.hatenablog.com

 

 

「人生は思い通りにいかないな」と、ここ数年つくづく思います。これが厄年というやつなのだろうか?「厄年なんて、言うてるだけやろ」と思っていたバチがあたっているのか?そんな心境であります。

 

 

f:id:k-nazato:20210416210710j:image

 

 

というのも、数日入院しておりました。詳細までは省かせていただきますが、仕事はできないし、ランニングもできないし、1年ちょい前に事故で入院してからコツコツと頑張ってきた努力が再び崩れてしまいました。

 

 

f:id:k-nazato:20210416210936j:image

 

 

経過は順調ですが、さすがに体力は減っていて、特に階段を降りるときに足の不安定さを感じます。あー、走るのが怖い。遅くなってるのが怖い。

 

まずはスローショートジョグで体を慣らしつつ、体にスイッチを入れる感じで、5割ぐらいの短距離流しを行おうと思います。GWも間近ですので、焦らず走りこめば5月中には戻せると楽観視。事故入院からの復活に比べたらチョロイもんです。

 

 

f:id:k-nazato:20210416210916j:image

 

 

せっかくスピード練習用のシューズを購入したのに、バンバン活用できず残念ですが、記録会は1年を通してあるようですし、現状を受け止めてボチボチ頑張るとします。

 

 

f:id:k-nazato:20210416210924j:image

 

 

仕事の方はと言いますと、やはり自分が動かないといけない個人の製造業はキツいと感じました(保険がおりるから生活への影響云々はさておき)。ビジネスモデルとして安心できるものではなく、これから年齢をかさねるごとに高まるリスクについて考え直す必要があります。

 

って、これね、事故で入院したときも思っていたんですよ。で、いま働き方改革をしている真っ最中だったのですが、災難は待ってくれないわけです。

 

 

f:id:k-nazato:20210416210933j:image

 

 

そんなことで退院後、さっそく出来る事に取組んでいます。考えたくありませんが、また同じような状況になることもあるでしょう。仕事のこと、プライベートのこと、出来ることは出来るうちにやっておこうと改めて思いました。

 

 

f:id:k-nazato:20210416210930j:image

 

 

毎度毎度、看護師さんという職業には頭が下がる思いです。本当に素晴らしい仕事です。お世話になった皆様、有難うございました。ご迷惑をおかけした分、仕事も頑張らねば!



f:id:k-nazato:20210416210920j:image

 

挿絵的に病室から見える小浜市の風景を掲載いたしました。

https://pub.a8.net/a8v2/asRakutenItemRankingAction.do

 

 

体力低下対策

当然、入院中は出来る事が限られていますが、出来る限り動かしたり、ストレッチをしておきたい(気が滅入るので中々難しいのだけど)。帰宅してからはルームランナー(トレッドミル)でジョグからスタート再開している。ウォーキングぐらいの速度で10分、翌日に15分、3日後に少し早歩きの速度で20分など。

 

入院中にパルスオキシメーター(酸素濃度を計測できる器具)で呼吸が浅いことが分かったので、胸郭ストレッチなどを行い、深い呼吸(腹式呼吸)を意識している。腹式呼吸は副交感神経を刺激してくれるので、自律神経が弱く睡眠が浅い僕にはピッタリだと思っている。日々、疲労感に悩まされているので改善を期待したい。

 

▽パルスオキシメーター 

富士コンテック パルスオキシメーター 医療機器認証 FC-P01/W ホワイト 酸素濃度計 医療用 看護 家庭用 介護 国内検査済

新品価格
¥6,480から
(2021/4/19 07:04時点)

 

酸素濃度の計測と言えば、アップルウォッチシリーズ6は血中酸素濃度の計測が可能です。睡眠中も計測できるので、睡眠の質や疲労感の判断材料にできそうです。

 

最新 Apple?Watch Series 6(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

新品価格
¥50,380から
(2021/4/19 07:09時点)

 

 

「血中酸素濃度を計測して何がわかるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。簡単にご説明すると、パルスオキシメーターは肺から血液にどれだけ酸素が送られているか計測する機具です。個人的には、この濃度が疲労感を軽減できる指針になると思っていて、事故で肺を損傷していますし、いち市民ランナーとしても、パルスオキシメーターの数値が98%を維持出来ているか日々確認したいと思っています。深い呼吸、酸素濃度などを考えると、自然の中で綺麗な空気を吸いたくなりますね。