生死を彷徨う事故から復活し、ランニング生活をスタートさせた40代ブロガー

BlograC

走れるだけ走ろう。足跡は生きた証。

福井県小浜市の風景@南川沿い

twitterのTLに流れてきてしったのですが、南川沿いにある喫茶店”リバーサード”さんが閉店されたそうです。

 

 

 

物心ついた時から、そこにある風景でしたので寂しい気がします。似たような感じですと、東小浜の駅から国道へ出た交差点にある喫茶店も何か気になります。昭和レトロな個人経営のカフェ、激熱カルチャーなんですけどね、今の子達はココスでドリンクバーでしょうし、大人はコメダかな?もうちょい年配だと喫茶店って感じがします。

 

でもね、趣は個人経営の喫茶店ですよ。自身が自営業者なので考えに偏りがあるかもしれませんが、街と共に刻んだ歴史、ストーリーがあるのは喫茶店だと思うのです。

 

4月以降は自身の業態に変化があるため、外へ出る機会が増えそうです。今までも、そう言い続けて特に変化がないまま1年が終わってしまっていましたが、今回は9割確定しております。

 

ついでを作って色んな喫茶店へいき、写真に残すことができたら嬉しいです。週に一度ぐらいは小浜市へ用事で行ってますが、趣のあるカフェやスナックが多いんですよね。さすがにスナックの中の撮影は難しいでしょうけど(笑)

 

カフェやスナックの看板の昼の顔と夜の顔、明るい時にみるビルの劣化、どれも趣ありすぎ。スイマセン、書いてるうちに一人でテンション爆上げしてしまいました。オタクな性格が出てしまった・・。

 

 

福井県小浜市南川

福井県小浜市南川

 

さて、最後も南川で〆たいと思います。

 

 

 

この道、ひょっとしたら初めて通ったかもしれませんが、めちゃくちゃ趣があります。おそらく通学路なんですが、元気に登下校する小学生も映えますし、青春真っ只中の中高生も映えます。子供やペットとの散歩、お歳をめされた方のウォーキングも映える。全部映える。撮りたい。

 

 

しかしこのご時世、登下校中の子供にカメラを向けたら通報もの。逮捕されて新聞に載るのがオチです。映えるなー・・・。映えるかっ!

 

 

レンズ:SONY SEL1635Z α ZEISS Vario-Tessar T*FE16-35mm F4 ZAOSS