子供達との陸上・駅伝ブログ

RungraC

太らないなら走らない

iPhoneでRAW形式撮影と現像に挑戦

本記事の内容

iPhoneでRAW形式撮影と現像に挑戦

 

本記事の信頼性

管理人:走るパン屋@なざと

 

月間2万アクセス前後のカメラ、バスケ、ランを中心としたライフログブログを運営しています。小学生の頃からカメラを持って遊びにいく大のカメラ好き。現在はSony α7c(アルファセブンシー)がメインカメラ。スポーツ写真を中心に動体撮影や行動力命の風景写真が好きです。つまり心を奪われる瞬間瞬間、そう!扇情カメラマンとも言えます(言いたいだけw)。GoproMaxをメインに動画も勉強中。お楽しみいただければ幸いです。

 

 

目次

 

カメラ機材のレンタルなら【シェアカメ】

 

 

iPhoneSE第2世代でRAW形式撮影

iPhoneでRAW撮影出来るとは知りませんでした…。iPhoneSE第2世代のカメラは好きじゃなかったけど、今後はスマホ写真でもパキッとしたものが残せそうです。

 

▼iPhoneSE第2世代でRAW撮影できると知り、目の前にあるPCを被写体にして早速してみたの図

 

f:id:k-nazato:20201201154713j:image

 

 

RAW形式で風景を撮影

f:id:k-nazato:20201202100004j:image

 

▼同じ写真をtwitterへも投稿 

 

 

昨夜、部屋でバスケの自主練をしている子供を撮影してみましたが、ブレッブレで現像どころではなかったので、本日は風景写真に挑戦してみました。

 

▼ブレッブレのバスケ写真の詳細はコチラです

mugiwara-boshi.hatenablog.com

 

 

さて、本日2枚目の風景写真です。

f:id:k-nazato:20201202131533j:image

 

 

1枚目の写真と比較して青葉山(若狭富士)への雲のかかりの違いが気になり撮影してみました。浜の漂着したゴミも若狭の冬の海を語るうえでは無視できませんので、あえてアングルにいれました。

 

 

RAWで撮影するメリット

f:id:k-nazato:20201202131538j:image

 

 

明るく補正しても嫌な感じにならないのが、RAWで撮影するメリットです。ですから、こんな晴れた日は、わざわざRAWで撮影する意味がないかもしれませんが、空や海の色味はRAW形式で撮影した方が、いい感じに編集することができます。

 

 

RAW形式=高画質ではない

f:id:k-nazato:20201202131529j:image

 

 

RAW形式=高画質ではないので、RAW現像しないのであれば、RAW形式で撮影するメリットはありません(ファイルも3~10倍重いですから)。

 


f:id:k-nazato:20201202131541j:image

 

 

現像アプリLightroom

スマホで撮影したRAW形式ファイル、現像、全てにおいてLightroomを使用しています。 

 

一眼レフで撮影した似た風景

▼インスタへ投稿した写真ですが

 

 

冬の風景写真撮影テクニック

アクセントの少ない冬の空は、露出時間を長めに設定して雲の流れを見せても良さそうです。さっそくiPhoneSE第2世代+Lightroomで撮影を試みましたが、シャッタースピードが1/4までしかありませんでした(そもそも日中に1/4で撮影しますと明るすぎて何も映りませんが)。シャッタースピードに関しましては、また後日試してみます。

 

▼ご参考までにiPhoneでみるLightroom、RAW形式での撮影画面

f:id:k-nazato:20201202154349j:image

 

 

長時間露光モード

f:id:k-nazato:20201202161558p:plain

長時間露光モードに対応したiPhone

 

iPhone7、iPhone7+、iPhone8、iPhone8+、X、11proは長時間露光モードに対応しているようです。くっそーーー、iPhone7+持っときゃよかった(汗)

 

▼長時間露光撮影の際、あると便利なアイテム

三脚 スマホ三脚 ミニ三脚 リモコン付き4段階伸縮 360°回転可能 3WAY雲台 ビデオカメラ三脚 アルミ二ウム合金製 収納袋付き iPhone/Android/カメラ 多機種に対応 日本語取扱説明書付き【2年安心保障付き】

新品価格
¥1,580から
(2020/12/2 16:26時点)

※100均でも手に入ります。コンパクトでかさばりませんので持ち運びが便利ですよ。