生死を彷徨う事故や病気から復活。人生を見つめ直す40代男性のブログ。

PhotograC

ブツ撮りやSEO対策でネットショップ運営をお助け

おーくせんまん、おーくせんまん

こんにちは、ナザトです。

 

大切なのは情発信しているのは誰か 

自己紹介の名前表記を[走るパン屋、名里、なざと、ナザト、nazato、NAZATO]どれでいこうか悩みます。いっけんどうでもよさげですが、検索対策のうえではカナリ重要で、しっかり考えるべきところです。

 

まずは統一するのがベター

ブログ、Youtubetwitter、instaなど、すべての名前を統一しておくと良さそうです。Googleさんがネット上から情報を集めるさいに有効だと思うからです。

 

HPがあったり、例えばカメラマン、写真家、フォトグラファーなどで活動されていて、公的機関で紹介されたことがあり、かつネットにも掲載されている場合は、公的機関に紹介された名前と同じにしておくと、SEO効果が期待できます。

 

従来はSEO対策だけしていれば上位表示できましたが、昨今は誰が発言しているのか、情報発信しているのかが重要なファクターになってきたようです。

 

信用性がキーワードですので、結局のところ漢字表記で顔出しが一番効果的だと思っています。

 

 

ってなわけで

本日のブログまいります!

 

 

f:id:k-nazato:20201111052523j:image

 

 

17時前の若狭高浜

最近よく雨が降りますね。

 

 

室内ラン(中央体育館)へ行くのが面倒で

雨がやんだ瞬間を狙って走りましたが

結局雨に降られ、帽子を奪われました。

 

 

f:id:k-nazato:20201111052504j:image

 

 

 

この子はスポーツ少年団に所属していないので

リハビリも兼ねて気楽にランニングをしています。

 

 

 

f:id:k-nazato:20201111052514j:image

 

 

 

北の方は天気が良かったのでしょうか?

雲が淡紅色で綺麗でした。

 

 

 

天気が悪い日が続きますが

雲を撮影するのが楽しいシーズンかもしれません。

 

 


f:id:k-nazato:20201111052541j:image

 

 

 

何気ない場所ですが

草刈りがされて綺麗になっていたのと

空まで含めたコントラストが印象に残りパシャリ。

 

 

アンドレアス・グルスキーの3億3000万円の写真のように

なんの変哲もない風景

しかし何かおこりそうな空模様

 

 

・・・なんて

適当に撮っただけですが

芸術は難しいですね。

 

 

※3億3000万の写真はコチラ

wired.jp

 

 

※2:2億4千万の瞳はこちら

www.youtube.com

 

 

 

ひろみ郷さんの2億4千万の瞳~エキゾチックジャパン~

名曲です。

 

 

 

あの渋い郷さんの

真摯なトークと激しいモーション

緊張感のある前奏、エネルギッシュなギター

 

 

からの・・

 

 

おーーーくせんまん!

おーーーくせんまん!

 

 

ヤバくないですか?

ギャップ!!

 

 

2億4千万の瞳”で完結していたら

なるほどで終わる題名に

エキゾチックジャパンとつける混沌!

 

 

ヤバめ!

っつうか、エモい!!

いいや、エキゾチック!!!

 

 

どんなに落ち込んでいても

この曲を聞けば元気になり

サビが終わる頃には

”ジャパン!”と言ってしまいます。

 

 

 

f:id:k-nazato:20201111052511j:image

 

 

 

そんなこんなで折り返し。

 

 

ココからは校区が変わります。

幼少の頃は、この境界線を自転車で超えるだけでも

「凄い遠くまできた!」と、ドキドキしたものです。

 

 

「何かを超える」

ドキドキしますねー。

一線は超えてはいけませんよーw

 

 

とにかく

 

 

県境、国境、自己新記録、新たなステージ

何かが何かに変わる瞬間は非常に興奮するものです。

 

 


f:id:k-nazato:20201111052538j:image

 

 

はい、子供とのランが終わった後は

砂浜ランニングを行いました。

 

 

脚への負担も小さく

母指種子骨を長く痛めている僕には最適。

 

 

 

 


f:id:k-nazato:20201111052517j:image

 

 

海岸を走ることは

高浜を感じながら走ること。

 


f:id:k-nazato:20201111052520j:image

 

 

幼少の頃、海水浴へ来たことも思い出しますし

まだまだ幼かった上の子と走り始めた日も

昨日のことのように思い出されます。

 


f:id:k-nazato:20201111052544j:image

 

 

そういえば

ボートを漕いで島へ渡り遊んだこともありました。

よく分からない貝を石で割って食べたりもしましたw

 

 

今の子達は、そんな遊びをしないでしょうね。

想像がつきませんし、僕も正直心配でさせれません(汗)

 

 


f:id:k-nazato:20201111052534j:image

 

 

 

大人になると、変わる瞬間の興奮から遠ざかり

ゆっくり流れる時間の中で

繰り返しの毎日を過ごしがちです。

 

 

それを”大人になる”とか

”頑張った”と評価する人もいるでしょう。

 

 

確かに正解でもあるし

同じ毎日を繰り返せることは

平和である証拠です。

 

 

しかし興奮する瞬間というのは

何かを飛び越えなくてはいけない

弱気になる瞬間が出てくることもまた然り。

 

 


f:id:k-nazato:20201111052527j:image

 

 

 

今日も平和に感謝しつつ

興奮できる瞬間を見逃さないように

純粋な子供のような気持ちで過ごしたい。

 

 

 

つまり、何かが変わる瞬間というのは

今、生きてると実感する瞬間なのだ。

だから興奮するのだ。

 

 

 

 

カメラ:iPhoneSE第2世代