子供達との陸上・駅伝ブログ

RungraC

太らないなら走らない

【交通事故】頸椎骨折から1年、いかに後遺症を抑えるか

あっという間ですね。

退院からではなく、事故から1年が経過しました。

 

 

入院中の様子。

(撮影:弟)

 

 

集中治療室の様子ですが

伝わりますかねー?

 

 

このときから考えれば

歩けてるだけでも上出来!

 

担当医からも

社会復帰出来て超ラッキーと言われてます。

 

 

僅かなズレで

自発呼吸が出来なかったかもしれないそうです。

 

 

恐い・・・

 

 

そんなラッキーを大切にすべく

この1年は健康に気をつけて生活してきました。

 

 

1つはランニング&ウォーキング

自分の足で歩けるのは幸せなことです。

 

 

f:id:k-nazato:20200818054312j:image

 

 

入院中は病棟から出る許可さえおりませんでしたから

自由に好きなところへ歩けるのは幸せ。

歩かなきゃ損です。

 


f:id:k-nazato:20200818054309j:image

 

 

相変わらず治療は継続していて

まだまだ痛みはありますが

まぁ日常生活を送るのに支障はありません。

 

 

子供達にバスケを教えてますが

一緒にバスケをしたりすると

結構大変なことになりますね・・。

 

 

こんなものは

生きてる証ってことで

仕事に支障がなければオッケーです。

 

 


f:id:k-nazato:20200818054316j:image

 

 

せっかく助かった命

何でもチャレンジしていきましょう!

 

 


f:id:k-nazato:20200818054320j:image

 

 

皆さん、今後とも宜しくお願いします。

 

 

さてさて、事故の際は

当然、頸椎骨折だけではすまなかったわけですが

今回のブログでは

頸椎骨折の後遺症をいかに抑えてきたかについて

書かせて頂こうとおもいます。

 

ま、後遺症がでていないので

抑えられていたのかどうか不明な所がありますが・。

 

 

 

退院後、行った治療法

 

 

まず外科には通院しますね。

ここでは、レントゲンを見て骨がくっついたかどうかの判断です。

 

 

外科へ通院しつつ

整体へも通いました。

 

主に電気治療です。

 

そして

 

自宅でも微弱電流の治療を行いました。

 

くわえて

 

鍼灸、針治療も継続中

 

 

いま気になっているのは

整体枕みたいなやつですねー。

 

ちょっと高いんですが・・。

 

 

なんにせよ

 

しっかりと完治はするのか?

 

するとしたらいつなのか?

 

そして、今年の冬も後遺症が出ませんように・・。