子供達との陸上・駅伝ブログ

RungraC

太らないなら走らない

カフェオレと、ながら作業で出来るオーディオブック

こんにちは。福井県高浜町パンショップむぎわら帽子、ナザトです。本日もご覧頂き有難うございます。このブログはパン職人&パン屋経営歴20年の管理人が運営しております。

 

 

 

希代のカフェオレマニアックス

f:id:k-nazato:20200504085912j:image

 

まずは今朝のツイートから

 

 

以前からコーヒーマニアと豪語していたのですが、正確にはカフェオレマニアなんです。コーヒーの香りは大好きなのですが、特にブラックで飲みたいわけでもないんですよね。

 

 

これからはパンのお供として、カフェオレをとことん追求してみようと、掘り下げてやろうと。牧場ミルクもない小さな田舎の漁村からカフェオレマニアックスを発信していこうと決意!

 

 

カフェラテに浮気

コーヒーはブラックで飲まないと書いたとこでアレですが、エスプレッソは大好きなんですよね。ですので、カフェラテも同時進行で追及していきます!今日から自分の中で”カフェオレvsカフェラテ戦争勃発”です。

 

しかし、エスプレッソを自宅で器具なしで作るのは困難・・というか、”もどき”の範疇になってしまいます。ナザトが20年行ってきたと自負できるのはハンドドリップですので、時間はかかりますが、ゆったりと流れる時間も楽しめるカフェオレ(カフェラテ)タイムを追求していきたいですね。

 

 

いずれは看板商品に

せっかくカフェオレ(カフェラテも)を追求するなら商品化して、店舗のイートインスペースでお楽しみ頂けるような仕組みが作りたいですが、コンビニで¥150そこそこで買えてしまう昨今(しかも普通に美味しい)、わざわざ¥500近く出してカフェオレを楽しむ方って何人いるでしょうか?

 

 

カフェは回転率命

カフェの経営で利益を出すには回転率が命。人口の少ない高浜町(地方・田舎)でカフェを経営するのは至難の業。回転率が低ければ価格も上げざるをえません。観光地とは言えない町でカフェで生活していくのは相当な覚悟が必要です。

ペルソナを練りに練って、お客様の層を絞って、付加価値を追求して・・・。うーん、大変!でも、そこを考えるのが面白かったりする。

 

 

仮で考えるベネフィット(USP=ユニークセリングプロポーション

さて仮に、むぎわら帽子がイートインスペースを開放してカフェオレを提供する場合のベネフィット、ユニークセリングプロポーション(以下USP)は何だろう?

 

USPの考え方は、ユニークポイント、セリングポイント、プロポーションの3つに分けて考えます。

 

ドミノピザの例でいうと

・ユニーク(独自性)→間に合わなければ無料

・セリング(売り)→30分以内でお届け

・プロポーション(提案)→熱々のピザ

 

はい、むぎわら帽子なら???

・ユニーク→

・セリング→海が見える(海岸沿いを散歩できる)

・プロポーション無添加卵アレルギー対応焼きたてのパンとカフェオレ

 

うーん、ユニークポイント(独自性)が見つかりません。いや、セリングとプロポーションもコレでいいのか分かりませんが・・。

 

一説によると、ユニークポイントは商品ではなく人に注力することで差別化を図れるともいいます。人を売る、つまり趣味などの発信を行って同志を募るといった感じです。

 

僕の趣味、趣味、趣味・・・。

 

ギター、ランニング、カメラですが、どれもマニアックというほどではない気もします。今日カフェオレマニアックスを宣言したように、何事も振り切らなければいけませんね。

 

 

オーディオブックとは

「ランニング中に本からインプットしたいな」と、オーディオブックに関心が湧いてきました。オーディオブックは、そういった”ながら作業””ながら読書””ながら聴き”に最適のようです。

 

iPhone純正アプリでオーディオブック

私はiPhoneSE(第2世代)を利用していますが、どんなアプリを使えばいいのだろう?と調べてみると、オーディオブックもbookアプリを使用するようです。

 

あまりに使用頻度が低かったので削除していたので再インストール(汗)

↓ 

f:id:k-nazato:20200724085816j:image

 

 

アップルブックスのトップ画面を開き

 

f:id:k-nazato:20200724085811j:image

 

 

 

上部のセクションを見つけるをタップ


f:id:k-nazato:20200724085813j:image

 

 

オーディオブックをタップで

f:id:k-nazato:20200724085822j:image

 

 

 

オーディオブック専用ページへ移ります。

 

 

ランキング2位に気になる本があったので

クリックしてみると

 


f:id:k-nazato:20200724085819j:image

 

 

¥3,667!

オーディオブックって、いいお値段!

というか、アップルのサービスが高め!

 

 

Amazon運営オーディブルでオーディオブック

こんな時は、やはりamazonさん

オーディブルなら月額¥1,500

↓ 

 

 

SNSでも音声配信系の人気が出てくるなど

ながら〇〇が流行りつつありますね。

 

多忙な現代人にマッチしている

というのもありますが

 

画面の覗き見がないのも

メリットだと感じてます。